ダイエットと有酸素運動の関係、有効性を考えみました

 

こんにちはリキパパです。

 

今回もわたし、リキパパが

考えて体験した中から

有酸素運動について

をお伝えしていきます。

 

どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

ダイエットに有酸素運動が必要かどう思いますか

ダイエットに

興味があるあなたなら

有酸素運動

という言葉を

聞いたことがあると思います。

 

「有酸素運動って何だろう?」

 

「ダイエットに必要かな?」

 

「実際どうやるの?」

 

「なにか注意はいるかな?」

 

それについて今回は

お伝えしていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

  ダイエットに効く有酸素運動とは一体なに

まず有酸素運動とは何でしょう。

難しく聞こえる

言葉ですけれども

「結局マラソンみたいなことでしょ?」

 

それあってますよね。

 

マラソンも一つの有酸素運動です。

 

でも有酸素運動は

マラソンだけではありません。

 

ジョギング?

それも同じですよね。

 

有酸素運動とは

軽い運動を長く続けて

体内の糖質と脂質と酸素を

消費させる運動です。

 

「難しいなあ」

と思うかも知れません。

 

大丈夫です。

 

難しく考えなくていいんです。

 

簡単に言えば

 

早足で散歩する。

 

これで十分な有酸素運動です。

 

それがダイエットに

必要かどうか?

あなたはどう思いますか。

 

ダイエット法のひとつとは

言えそうですよね。

 

ダイエット方法の中の

選択の一つして考えていいでしょう。

 

ただ有酸素運動だけで

痩せられる程

カロリーを消費するのは

難しいと思います。

 

ただ、

他の方法と併用することで

大幅減量に

大変有効な方法となります。

 

組み合わせとして一番良いのは

筋力トレーニングでしょう。

 

筋トレと並行して

有酸素運動を行うと言うことは

セットとなっていることが多いです。

 

スポーツジムなどで

筋トレマシーンの横に

エアロバイクやランニングマシーン

が置いてあったりしますよね。

 

つまり体を鍛えるということにおいても

有酸素運動も効果があるのです。

 

おもにスタミナをつけるのが目的とされるような

ランニングトレーニングとは違う、

脂肪や糖質を燃焼させるために

有酸素運動しているようです。

 

運動のエアロビクスもそのひとつですよね。

 

エアロビクスとはまさに有酸素運動です。

 

ボクササイズもそうですね。

 

少々前に流行った

ビリーズブートキャンプも

有酸素運動でした。

 

たくさんの有酸素運動が

世の中には提案されています。

 

どれを選ぶかで

違いがあるだけで

内容は同じ効果を狙ったものです。

 

脂肪と脂質と燃焼させて

痩せようという

プログラムです。

 

 

有酸素運動

が有効かどうか

あなたはどう思いますか?。

 

私は

ダイエットの選択肢のひとつとして

取り入れてもいいと思います。

 

ダイエットに有酸素運動、内容は?実行は?

さて

では実際の有酸素運動は

どうやってやるか。

 

すぐに思い浮かぶのは

ジョギングとウォーキングですかね。

 

ウォーキングで言われる効果で、

割と知られているのは

有酸素運動は2

0分以上やらなければならない

なぜならば脂肪が燃焼するのは

有酸素運動開始から20分してからだから

という基本です。

 

ですから

「有酸素運動は20分以上やる必要がある」

と情報を得ているのではないでしょうか。

 

でも最近その基本も

大きく変化したようです。

 

脂肪が燃焼するのは20分以上ではなく

初めてすぐ脂肪が燃焼し始めている

という説が最近では有力になってきました。

 

「脂肪が燃焼するために20分以上は有酸素運動する」

 

それは

朝15分やって 、

また午後15分やる

足した合計の時間が20分以上であれば有効である

という説が今は出ています。

 

となると

朝駅まで歩いて

夜歩いて帰ってくる。

それでも十分というような考えになります。

 

でもそんなことで

ダイエットできるほど甘いとおもいますか。

 

私はそんなに甘いとは思わないんですよ。

 

やっぱり

ダイエットとして減量するとなれば

かなりきつい有酸素運動しないと

脂肪は燃焼しないと思っています。

 

やはり早足で

30分から40分

心拍数を上げて歩かないと

脂肪は燃焼しないのでないでしょうか。

 

心拍数の話もしなければいけません

有酸素運動にはいくつかの定義があります

 

・呼吸をしっかりして運動をすること

・心拍数がある程度一定の高さで保たれていること

 

これが大事なようです。

 

心拍数に関しては

一概には言えません。

 

おおよそ

一分間110から150ぐらいが目安のようです。

 

私も

たくさんのダイエット法を体験してきましたが、

心拍数が110から150というのは

結構な運動量です。

 

でも

今は心拍数計というのも簡単に手に入りますし

ジム等でもエアロバイクに乗ってみると

心拍数がすぐにわかります。

 

私の経験で言うと

軽いジョギングを長く続ける感じ。

 

「ハァハァ」

と言いながら

ちょっときついジョギングをしている

というイメージです。

 

その心拍数を保たないと

脂肪が燃焼していかないようです。

 

結構きつくないですか?

 

有酸素運動

は言葉の響きは優しめのようで

内容は意外にハードだと思います。

 

そして

心拍数が180から200になるような

強い刺激の運動も有酸素運動ではありません

 

「100 メートル 思いっきり走る」

それでは脂肪は消費されないのです。

 

私が思うには

心拍数が110か120ぐらいで

20分から30分40分早足で歩き続ける。

 

すると脂肪が

ポッ!ポッ!燃焼されていくイメージです。

 

大事:有酸素を行う時間

運動タイミングですが、

私は朝一にやるのが

一番効果があると思います。

夜寝て、

睡眠中にエネルギーも消費した状態で

朝食前に

さらに減らす運動を行う。

一番おススメします。

 

自転車でもいいんじゃないでしょうか。

 

自転車があればサイクリングとして

30分から20分自宅の周りを走ってみる。

 

とてもいい有酸素運動になりそうです。

 

心拍数も

上げやすいのでないでしょうか。

 

注意点1

特性を把握することが大事です。

 

急激な運動は避けた方が良いでしょう。

 

ダイエットに有酸素運動の継続や注意点

 

さて

実際にダイエットに有効な

有酸素運動をする場合の

注意点や継続していく方法など

私の考えることをお伝えしていきたいと思います。

 

有酸素運動の注意点

私が考える有酸素運動の注意点です。

 

何事もそうですけれども

いきなり無理をしてやらないことです。

 

いきなり無理をして

「毎日毎日30分から40分

何があってもやり続ける」

 

なんて決めてしまって

3日で挫折はよくある話です。

 

その上

シューズまで買って用意して

挫折したのでは

シャレになりません。

 

軽い気持ちで

初めて見るのが一番いいと思います。

 

「朝ちょっと早起きして散歩してみよう」

 

と軽く始められる

良いと思います。

 

なので

自分が出来る時に歩いてみたり

サイクリングしてみたり

やれることから始めるのが

一番いいのではないでしょうか。

 

習慣づけしてしまわないと

有酸素運動でダイエットは難しいと思います。

 

けがに注意

それから

大変太っている人に注意です。

 

私もそうでしたが

太っている人は

急に有酸素運動と称して

散歩やジョギングを始めたりすると

「絶対痩せてやる」

と思ってしまい過ぎて

やりすぎてしまいがちです。

 

結果

筋肉痛になったり

関節を痛めたり

怪我をしてしまいがちあのです。

 

一番大きいのは

膝が痛くなったり

無理をして捻挫してしまい

他の運動が出来なくなってしまう。

 

急に張り切って

やり過ぎには注意しましょう。

 

やはり適度に初めて

徐々に慣れてから

ペースを掴んでいくのが

なにより大事だと思います。

 

継続するために私がお勧めすること

もし良い酸素運動を本気で取り入れて

やっていこうと思うのであれば

他の筋トレと一緒に組み合わせるがおススメです。

 

そのプログラムを本やウェブで調べて

自分で組組み立ててメニューを考えましょう。

 

筋トレと組み立てると

有酸素運動も日々のメニューに入ってきます。

器具のおススメ

筋トレは雨ではできますが

有酸素運動は雨ではできません。

 

雨の中

外を歩いても風邪を引くだけですよね。

 

そこで私のおすすめ。

 

自宅で有酸素運動ができる

 

「ステッパー」

という足踏み器具を

買うことです。

 

ステッパーはその名の通り

その場で足踏運動できる器具です。

 

これは大変に手軽で

十分効果が得られる器具です。

 

しかも

ステッパーを用いれば

・テレビの前でテレビを見ながらやれる

・YouTube を見ながらでもやれる

ながらができるのです。

 

これって大変便利なので

ぜひおすすめいたします。

 

値段もメルカリなどで探せば

手頃なもので3000円位から

手に入ると思います。

 

是非考えてみてください。

注意点

無理をして関節など痛めないこと

 

急激に初めて体を壊さないように

最初は徐々に体を慣らしていきましょう。

注意点2

 

他の運動と組み合わせていくこと

 

有酸素運動だけではなく

筋トレなどと組み合わせて

脂肪燃焼させましょう。

 

ステッパーなど

簡単な器具も

組み合わせていくと

大変効率が良くなります。

 

まとめ:ダイエットに有酸素運:私の考え

さていかがでしたか

 

今回有酸素運動に対して

私の考えをお伝えてきました。

 

ここまで書いてきて

思ったのですが

やはり有酸素運動だけでは

ダイエットにはなかなか結びつかいません。

 

ほかのダイエットと

一緒に組み合わせることによって

大きな効果を得られるようになると思います。

 

そして

今太っている方は

決して無理をしないようにしてください。

 

心臓に負担がかかったり

関節に負担がかかったり

するようなことのないように注意してください。

 

自分の体と

良く相談しながら始めることが大切です。

 

今回は

有酸素運動についてお伝えしてきました。

 

新たしい情報があれば

今後も随時更新し

付け足していきたいと思っています。

 

今回も最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。

 

今後も私の体験談から

たくさんの情報を発信していきたいと思っています。

 

これからも何卒よろしくお願いいたします。

 

本当にありがとうございました。

 

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

 

私の顔をポチ!っと

応援お願いいたします。

 

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です