ダイエットに必須!摂取カロリーの記録方法!!

こんにちはリキパパです。

 

今回わたし、リキパパが

やってみた、カロリー書き出し

をお伝えしていきます。

 

どうぞ最後までよろしくお願いします。

 

ダイエットのためのカロリーの記録の必要性

さて

あなたは自分のとっているカロリーが

どれくらいあるか把握していますか?

 

「全く想像もつかない」

と言われる方も多いと思います。

 

実際私もそうでした。

 

一体自分がどれだけ食べているのか

さっぱりわかっていませんでした。

 

これって凄いことですよね。

 

ダイエットに向かっているのに

・自分が何を食べているのか

・何カロリーを摂っているのか

分かっていないんですから。

いったい何カロリー

 

およそ成人男性の1日の摂取カロリーは

2100カロリーから2500カロリー

ぐらいということになっています。

 

「分からないよ」

ですよね。

 

私もカロリー計算するまでは

2000カロリーという数字が

多いのか少ないのかさえも

わかりませんでした。

 

ラーメン一杯で500カロリーです。

メロンパンを350カロリー、

生姜焼き定食なら950カロリー。

 

「あれ、もう1800カロリー?」

 

びっくりじゃないですか?。

 

そうなんです!

カロリーってすごいんですよ!!。

 

実際見てみると

普段食べてる食事って

高カロリーなんですよね。

 

これに甘い缶コーヒー、

ジュースお菓子なんて食べてたら

あっという間に4000カロリー行ってしまいます。

 

ちょっとびっくりじゃないですか?。

 

そりゃ太るわけだわ。

 

平均摂取カロリーなんて

守れるわけがないと思いますよね。

 

でもこれを守らないと

痩せないのが体が基本なんです。

 

これ本当なんですよね。

 

私が実践したので間違いないです。

 

こうやって一日の食事を

考えただけでも

自分がどれだけ

カロリーを摂っているか、

ちょっと怖くて測れなくないですか?。

 

怖いですよね。

 

でもこれに向き合わないと

ダイエットを成功しません。

 

それは分かっていますよね。

 

怖いものには

目を背けてしまうんですけど

今回はしっかりと見ていきましょう。

 

素直にそれを把握するのも

自分自身だけ、

あなただけです!。

 

自分が把握しなかったら

計算なんて

誰もしてくれません。

 

隠れて食べていたら

誰を見ててくれません。

 

それで把握する事って難しいんです。

 

だからなかなかできないんですよね。

 

でもできないことをやった時

必ず変化が訪れます!。

 

これって何でも一緒ですよね。

 

ダイエットも同じです。

 

摂取カロリーに向き合った時

ダイエット成功に向かって

歩き始めています。

 

まず自分の摂取カロリーを知らないと

痩せるために何をすべきかが決まりません

 

・食事制限をするのか

・ファスティングをするのか

・運動をするのか

 

何をするにも

自分が今何を食べて

どれだけカロリーを摂取しているか

知る必要があります。

 

勇気を出して

自分自身をさらけ出し

把握してみましょう。

 

注意点

誰にも見せなくていいので

嘘は絶対につかないこと。

 

正直者になることが大事です!

 

ダイエットのためのカロリーの記録の実行

実際

どうやって摂取カロリー把握していくか

具体的に考えていきましょう。

 

方法自体はすごく簡単です。

 

毎食何を食べたかを

記録しておいて

1日の摂取カロリーを書き出すのです。

 

そして

1ヶ月間自分が食べたもの

全てを書き出して

1ヶ月間摂取した

総カロリーを書き出しましょう。

 

書くと簡単ですけれども

 

「そんな一食、一食、覚えてらんないよ」

 

と思ってしまいます。

 

私が初めて行った時には

ノートを持ち歩いて

いちいち書いていました。

 

それも恥ずかしくなって

その場では書けなくなっちゃうもんです。

 

なので家に帰って

思い出して書き出してみる

なんてこともありました。

 

でもこれってダメなんですよね

 

きちんと計算できないんですよ。

 

朝食だけでも

・ヨーグルト

・パン

・ソーセージ

・目玉焼き

 

なんて全部覚えていますか?

 

会社にいて

缶コーヒー何本飲んだかな?

ちょっとお菓子食べちゃったな?

なんて覚えていますか?。

なにを食べてますか

 

お昼の定食

 

とんかつ定食は覚えていても

小鉢が

ほうれん草のおひたしだったのか

冷奴がついていたか。

 

ソースだったか

キャベツにマヨネーズかけたか?。

 

夜飲みに行っちゃったりすると

もう絶対に覚えてないですよね。

 

なので

思い出してノートに書き出すって

とっても難しいんですよ。

 

でも今は

みんなスマホ持っていますよね。

 

その場で写真も撮れるし

メモも取れます。

 

食事しながらスマホいじるなんて

今は日常の風景です。

 

誰も

「あいつダイエットのためにカロリー計算してる」

なんて思いませんから。

 

とても便利な世の中になったと思います。

 

その上すごく便利なアプリもあります。

 

入力するだけで

摂取カロリーを記録してくれる。

 

使わない手はありません。

 

自分ができる簡単な方法で

記録して行きましょう。

 

一食、一食ごとに記録していけば

忘れることはありません。

 

ましてスマホで毎食記録すれば

絶対に大丈夫ですよ。

 

管理もスマホでしちゃいましょう。

 

パソコンに入れてもいいです。

 

エクセルがいじれる人なら

表にしちゃっても

いいですよね。

 

楽しくなります。

 

そんな感じで毎日記録をして

1ヶ月続けましょう。

 

そして1ヶ月の総摂取カロリーを出しましょう

 

すると

自分がどれだけのものを食べているか

どんな食事をしているのか

油っぽいものが好きなのか

塩っぽいものが好きなのか

意外と和食なのか

飲みに行くのが多かったりするのか

 

自分の食習慣も分かるようになります。

 

これが大事なんです。

 

簡単に楽しくなってきますから

必ず続けてみてください。

 

そしてそれを30日で割る。

 

これが平均の1日の摂取カロリーです。

 

できそうですよね。

 

是非とも行ってみてください。

 

明日からでもできます。

 

何時からでも出来るのも

この方法のとても良いところです。

 

注意点

誰でもやってしまいがち

実は私もそうでした。

 

記録が甘くなってしまうんです

 

これ書かなくていいや

ちょっとやめとこう。

 

それこそやめておきましょう

 

必ず正直に書くことです。

それだけは肝に銘じましょう。

注意点

いちいち細かくやってみることが大事です。

例えばもらったグミ

食べているのど飴

こんな小さなものでも

カロリーがあります。

 

それも忘れず書き出しましょう。

ダイエットのためのカロリーの記録メリット

で書き出して

いったい何なんだって

いうことなんですけど。

 

まずは自分が太っている原因がわかりますよね。

 

そしてダイエットするために

何を削るのかが明確になります。

 

びっくりするぐらいカロリー摂取してますよ。

 

私も本当にびっくりしました!!。

 

でもこれが自分の財産になります。

 

宝のような財産です

 

だって自分に正直に

今の摂取カロリーを

把握しちゃったんですから。

 

成し遂げたわけです。

 

そして

これから行うダイエットによっても

この摂取カロリーが

基本となって行きます。

 

使えるんですよ、

様々なダイエットに。

 

必ず必要になります。

 

そして必ずあなたの助けになります。

 

これだけで

ダイエットになるという方法もあります。

 

レコーディングダイエットってやつですね。

 

自分で書き出すだけで

どれだけカロリーを摂っているか把握し

カロリー制限しダイエットする。

 

これだけでも

立派なダイエット方法として成立しています。

 

それを応用できるのですから

財産なんです。

 

まとめ:ダイエットのためのカロリーの記録とは

ここまでお伝えしてきましたけれどもいかがでしたか

 

記録することの大切さ分かっていただけましたか。

 

ダイエットに必要ということも

分かっていただけましたでしょうか。

 

自分がどれだけ食べて

カロリー摂取しているかを知るっていうことが

なにより大事なんですよ。

 

繰り返しになりますけれど

自分に正直に向き合うことに

慣れるという意味でも

とても良いきっかけになります。

 

簡単に始められることもとてもいいですよね。

 

とてもお勧めできる方法です。

 

是非とも一度試してみてください。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

今後も私が体験したダイエット方法を

 

どんどん発信していきますので

 

よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です