コロナ自粛開け。コロナ太り解消から日常生活への注意。

 

 

 

 

 

今日はリキパパです。

 

今回は

新型コロナウイルス

非常事態宣言解除。

 

それにより日常生活に戻る方。

 

自粛中にダイエットや

待機されていたあなたへ。

 

復帰時の注意点を

お伝えしたいと思います。

 

最後までよろしくお願いいたします 。

 

コロナ自粛から日常へ

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月最終週。

 

非常事態宣言が

首都圏も解除となしました。

 

経済活動が

本格的再開となります。

 

自宅待機から

職場復帰の方も多いと思います。

 

自宅で外出禁止から

日常生活への復帰は

簡単そうで

意外に負担が大きいのです。

 

それは身体的にも精神的にもですね。

 

身体的負担

 

復帰に向けての注意点の一つ。

 

まずは身体的負担についてです。

 

  • 長期休み
  • 外出自粛

 

わたしも皆さんも

初めての経験だったと思います。

 

通常はお休みは

出かけたり

旅行へ行ったり。

 

割と活動的だったりしますよね。

 

しかし今回は

通常お休みよりも

活動しなかった方が多いと思います。

 

そんな中

ダイエットしてた方もいらっしゃると思います。

 

わたしの身体的体験

わたしも

今回の待機を利用して

ダイエットをしました。

 

ダイエット自体は成功しました。

 

しかし

成功したのですが

運動不足で

筋肉も落ちていました。

 

それは自覚できるほどでした。

 

しかし、

ダイエットしつつ

自宅待機して

家族と過ごしました。

 

運動は

家族と公園へ行く程度でしたね。

 

いざ徐々に日常生活へ戻てみた結果。

 

いろんな弊害がありました。

 

一つは

身体が疲れやすいという事です。

身体的弊害
  • オフィスワークで1日持たない
  • 通勤で疲れてまう
  • オフィスで立ったり座ったりで疲れる
  • 立ち仕事が持たない
  • 腹筋、背筋が落ちて腰痛

 

等がありました。

 

また、

座っての事務作業の

姿勢を確保。

 

感じたことは腹筋

背筋が落ちていることでした。

 

姿勢を保つだけで

筋肉疲れになりましたね。

 

通勤も

なかなか体力を使いました。

 

帰宅すると

身体的にクタクタに疲れてしまいました。

 

急激な復帰は

体力的にも負担がありましたね。

 

徐々にならしていければ良い

とすることが大事と感じました。

 

精神的負担

自粛が長く

家族と過ごす時間が多かったと思います。

 

また

会社での人間関係が

希薄になっていた方も多いと思います。

 

まだ感染の不安がある中で

日常生活へ戻るのに

不安がある方もいるでしょう。

 

そして

自粛で自宅へいた方は

仕事に戻るのも不安に感じると思います。

 

わたしのメンタル体験

わたしは

約3週間の自宅待機でした。

 

そして今

徐々にグループ制で出勤となっています。

 

職場へ復帰して感じた事。

 

まずは

たまっていた仕事に戸惑いました。

 

そして

テレワークとオフィスワークでの

バランスをとるのが大変でした。

 

通勤やオフィスでの感染も気になります。

 

  • 自宅にいても家族にストレス
  • 会社でも仕事にストレス

 

メンタルが休む時が無く

現在もバランスとりを模索中です。

 

メンタル面も一気に戻さずに。

 

ゆっくりと足元をみて

ペースをあげていきたいと思っています。

 

コロナ開けに注意の訳

 

 

 

 

 

 

ある人

「気にせずペース上げて行けばいいじゃん」

と思う方も多いかもしれません。

 

しかし

今回の自粛期間は特別でした。

 

お休みでもなく

自宅待機で外出も自粛。

 

家にいるしかなかったのです。

 

体力的にもメンタル的にも

自粛は辛く長かったと感じました。

 

まだ中途半端なままで解除され

準備期間が用意されてませんでしたね。

 

それだけに

自分の身体やメンタルは

自分でコントロールし守りましょう。

 

流されると

一気に疲れがのしかかってきます。

 

是非

徐々にペースを上げていく事を進めします。

どうコロナ解除に対応を進めていくか

 

 

 

 

 

 

では実際には

どのようなペース配分をしていくか。

 

具体的に考えてみましょう。

 

身体的な注意

まずは体力的な部分です。

 

自粛によって

思ったより体力が落ちています。

 

ダイエットをしていたかたは

落ち方も大きいです。

 

待機によって

筋肉量も落ちています。

 

いきなりの通勤

オフィスワークで

疲れすぎないように

注意が必要です。

 

いつものオフィスの流れで作業すると

思った以上に体力を消耗します。

 

筋肉量も落ちています。

 

極端な話

キーボード操作の体勢を整えるだけでも疲労します。

 

疲労すると免疫力も落ちます。

 

せっかく自粛が終わってから

コロナに感染では

本末転倒となります。

 

ペースもコントロールして

徐々に上げていくようにしましょう。

 

メンタル的な注意

自宅からオフィスへ。

 

閉鎖空間から対人関係が多い空間へ。

 

心にも大きな負担がかかります。

 

  • 話したくない
  • 電話の受け答え
  • 上司や同僚とのコミュニケーション

 

多くの刺激があります。

 

これも

答え過ぎると

心が疲れてしまします。

 

  • そして思わず過食になってしまったり
  • ダイエットしていたのに挫折してしまったり

思わぬ弊害が出てきます。

 

無理にコミュニケーションを取り過ぎず。

 

おとなしく

自分の心が慣れていくスピードに合わせましょう。

 

ダイエットについて

  • ダイエットを始めた方
  • 継続していた方

環境が大きく変わる事になります。

 

流されるのでは無く

計画を立てて日々の準備をすることが大事です。

 

食事の計画の崩れてしまいがちになります。

 

身体と心が慣れるまでは

栄養を考えて

徐々にならしていきましょう。

 

最低限の栄養素は

青汁等で十分摂る事が出来ます。

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

 



ダイエットも

生活が軌道にのるまでは

現状維持を心がけましょう。

 

準備が整ったら

再度開始です。

 

現状維持の作戦を立てることをオススメします。

まとめ

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

ここまで

コロナ自粛明けの

注意点について

お伝えしてきました。

 

今まで経験しなかった

状況の変化で

皆さん

戸惑っていると思います。

 

ここは無理をせず

ペースをつかむまで

徐々にやっていきましょう。

 

ダイエットも同じく。

 

無理をすると

体調を崩したり

挫折したりします。

 

ここは最低限

現状維持。

 

ペースが戻った時の

作戦時間ととらえて

心も体も準備につとめましょう。

 

まだまだ油断はできません。

 

コロナウィルスの

第2波、第3波も予想されています。

 

皆さんも健康を第一に考えて下さい。

 

今回の記事が

皆さんの生活に役立つ事を祈っています。

 

そしてダイエットさてている方も

無理せず成功することを祈っています。

 

最後までお付き合いくださり

ありがとうございました。

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

コロナ太りに悩む!! すぐに対処しよう。食事編!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です