ファスティングダイエット。大事なの5つのポイント。

 

 

今日はリキパパです。

 

今回は

ファスティングダイエット

の大事なポイントについてお伝えします。

 

ファスティングダイエットについて知識はありますか?。

 

私が

160キロから70キロの減量を成功させたのは

ファスティングダイエットだったんです。

 

ファスティングダイエットは

辛いけれども劇的な効果を出します。

 

それは

私が自分で体験し証明しています。

 

しかし

ファスティングダイエット=何も食べない

ということ。

 

「ものすごくきついんじゃないかな?」

というイメージで

ハードルが高くなっているのだと思います。

 

そこで

ファスティングダイエットについて

5つのポイントで

メリットを紹介していきたいと思います。

 

最後までよろしくお願いいたします。

 

ファスティングダイエットにあたってのポイント5とは

 

 

 

 

 

 

ファスティングと言うとちょっと

ネガティブなイメージがありますよね。

 

しかし

ポイントを押さえると

とても Happy な気持ちになれることも確かなのです。

 

スティングをスタートするにあたって

挫折しないためにも

その注意点をまとめてお伝えしていきます。

 

幸福感

ファスティングと言うと

何も食べないというダイエット。

 

「お腹が減って辛い」

イメージがあります。

 

大事なのは実は「幸福感」ということ。

 

つまり「空腹感」を「幸福感」に変換するのです。

 

それがもっとも大切なことになりますね。

 

逆に言うと

不安感や恐怖感を覚えた状態で

ファスティングを始めても成功はありません。

 

途中で不安や恐怖を感じてしまったら

いったんダイエット休んでメンタルを整えましょう。

 

幸福感を続けていくポイントは

「ファスティング時に若返りスイッチが入った」

ということをイメージすることです。

 

「お腹が空けば空くほどデトックスして若返る」

 

このイメージができれば

お腹がすくことが嬉しくなり

「今空いているぞ」

とばかりに笑顔になって嬉しくなってきます。

 

ぜひこの感覚を感じてみてください!。

 

好転反応

2番目に大切なのは

どんな好転反応があるかを明らかにしていくことです。

 

この好転反応とは

ファスティングによるデトックス現象のことです。

 

細胞や血中に溜まっていた老廃物を

排出されることで起こるのですね。

 

これは体外に排泄されたされるための過程で起きることです。

 

本格的なファスティングだと

二日目から三日目ぐらいから体感できます。

 

個人差ありますが

今まで暴飲暴食で余計な老廃物が多く溜まっている人が

好転反応感じ変えられるようになっています。

 

好転反応とはh4

好転反応の具体的な例としては

  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気

などが挙げられます。

 

これでデトックスをしていくと

体は一時的に酸性体質になると言われています。

 

そのため不快感を感じることがあるのです。

 

しかしこれも4~5日ぐらいから改善されていきます。

 

こんな時には酵素やミネラルを補給して

好転反応やデトックスの辛さを和らげるのも大事です。

 

私の場合は

青汁をで酵素をとりながら進めていきました。

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】



回復の注意点

ファスティングにとって

一番危険なのは回復時の時です。

 

これは

ファスティングをお伝えする時の

私の反省でもあります。

 

ファスティング終えて

最初に取るのは

重湯や白湯など口にすることです。

 

しかし

口にした途端に

急激な食欲に悩まされることになります。

 

ファスティングを終えた後の

大食いなどはとても危険なのです。

 

ファスティングで

完全に休んでいた以上に大量の食物入れると

最悪腸閉塞など起こしかねません!。

 

一週間以上の本格的なファスティングには

指導者が必要であるということも言えるのです。

 

回復時は

「ファスティング期間の2倍を取ろう」

とも言われています。

 

それだけ回復時期を

大事に実施するべきなのです。

 

個人で行う場合などは

家族なのにアシストをしてもらうことがおすすめです。

 

持病がある場合

「ファスティングやりたいけど持病があるんだよね」

 

太っている人が

痩せたいと思っているのですから

成人病などを持っている方もいらっしゃると思います。

 

しかしその疾患を治すために

ファスティングをするのですよね。

 

成人病の原因はおおよそが

体に溜まった毒さんなのです。

 

それをデトックスして

綺麗な体にするのが目的です。

 

しかし

持病がある場合は

健康体の人よりもより慎重さが求められます。

 

健康体の人の2倍から3倍の時間かけて

じっくりとゆっくりとやりましょう。

 

それでも不安がある場合は

肥満外来など医師の診察を仰ぐのがいいと思います。

 

薬を飲んでいる

ファスティングは

厳密には飲んでいる薬も止めることになります。

 

デトックスということなので

毎日入れている薬も経つのが本当なのです。

 

医師から処方されている薬は

必ず飲むように言われていますよね。

 

急に薬を止めたりすると

リバウンドや反転症状が起こる場合があります。

 

その場合目安として

週に半分ずつぐらい薬を減らすことがいいと思っています。

 

ファスティングのポイント:まとめ

 

 

 

 

 

今回は

ファスティングに必要な5つ注意点を話してきました。

 

ファスティング=断食

と捉えていた方には

意外な注意点もあったのではないでしょうか?。

 

この知識がないと

せっかくファスティングをやると決めても

逆に体に負担をかけるようなダイエットになってしまいます。

 

上記の注意点をしっかり守って

あなたのファスティング計画を立てて

成功に導くようにしましょう。

 

繰り返しますが

ファスティングダイエットは劇的な効果をもたらします。

 

行ってみたいけど不安な方へ。

 

まずは注意点を自分の生活習慣に置き換えて

自分のファスティングメニューと計画を立ててみませんか?。

 

そして

三日間でからでもいいので実行にしてみましょう。

 

そして幸福感や

好転反応なのが出て

ファスティングが楽しくなってくる。

 

すると継続することができて

大きなダイエットを成功させるきっかけとなります。

 

是非今回の記事を参考にして

あなたのダイエットライフに役立ててください。

 

あなたのダイエットが成功することを祈っています。

 

これからも役に立つ発信をしていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

体重100キロ以上あるなら?。即効ファスティングダイエット!!

一か月で10キロ減も可能!ファスティングダイエット体験談と方法

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です