太らない体へ 胃と腸と口内環境

 

今日はリキパパです。

 

今回は

「食べて太らない体にするための成分」

の話をしていきたいと思います。

 

納豆ダイエットやバナナダイエットなど

食べて痩せる体を作ると言うダイエットがときおり流行ります。

 

そしてすぐすたれてしまいますね。

 

しかしそのダイエット方法も一理はあるのです。

 

ただ

それを理解しないまま

ただバナナを食べ続けてしまうから失敗してしまうのです。

 

その中に含まれる成分が

どういう働きをするのかを知れば

普段の日常生活に取り入れることができるでしょう。

 

今回はそんな話をしていきたいと思います。

 

最後までよろしくお願いいたします。

 

酢豚にパイナップルは医学的に OK

 

 

 

 

食材の話です。

 

酢豚にパイナップル入っているのは不思議だと思いませんか?。

 

実はそれも

食べ合わせの成分から医学的に理由付けが出来るのです。

 

胃腸を常に正常に働かせることも

「太らない体」

作りには必要なことです。

 

例えば食材では

  • パイナップル
  • パパイヤ
  • アボカド

などが消化を助ける役割をしてくれます。

 

ここで酢豚にパイナップル。

 

パイナップルを入れる理由は理にかなったアイデアなのです。

 

パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素が

豚肉の消化を助けてくれるのです。

 

美味しいだけではなく

ちゃんと医学的な理由があったわけです。

 

胃もたれする時には最初に「食べ方日記」をつけることが大切です。

 

胃液には

「胃酸」と「消化酵素」

が含まれていて

食べ物を消化するには

両方がバランスよく分泌さなければなりません。

 

ただしピロリ菌(胃がんの原因などになる)によって

胃酸のペーパー値(酸性度またはアルカリ性土を測る単位)が変わり

評価が遅くなり不快症状を起こしている場合もあります。

 

慢性的に胃の調子の良くない人は

ピロリ菌の除菌を考える必要があります。

 

「いつも胃もたれするんだよなぁ」

などと思っている方は

一度消化器の専門医に診てもらうといいでしょう。

 

そして胃の次は腸です。

 

腸内環境を取るのが大事と言われています。

 

腸内環境を整えるには

  • 乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 納豆菌

のサプリメントを使うといいでしょう。

 

特に乳酸菌は毎日摂ることが大切です。

 

便を排出することによって

腸内環境がリセットされるからです。

 

太らない体の絶対条件としている言えるのは

  • きちんと食べて
  • 消化吸収し
  • きちんと出す

ということです。

 

そのために必要になることは

  1. 胃もたれや胸焼けを解消すること
  2. 腸内掃除を習慣づけること

そうすることによって

腸内細菌のバランスが良くなって行きます。

 

健康な腸内環境とは善玉菌の多い状態を言います。

 

不健康な腸内環境とは善玉菌の少ない状態です。

 

食物が胃から入って腸で吸収されるまでの過程で

腸内環境によって太らない体しておくことが大事ということです。

 

パイナップルから大分離れましたが

太らないだけではなく

匂わない体になるのも大事です。

 

太らない体を作る場合

消化吸収を担う胃腸以外にも大事なところがあります。

 

それは歯です。

 

歯できちん噛まなければ 消化吸収も正常にはできません。

 

きちんと出すこともできないのです。

 

意外な盲点となりやすいのですが

歯の健康を保つことも

太らない体へつながっていきます。

 

中年太りが起こりやすい年齢になって

気を付けて欲しいのは「歯周病」です。

 

歯周病の大きな原因の一つには

口の中に生息する細菌があります。

 

従って

歯周病予防の第一は歯磨きということになるのです。

 

とっても基本的なことですよね。

 

近年口内環境を衛生的に保つために

様々な歯磨き剤が出ています。

 

「ちょっとお値段が高いなあ」

と思う方が多いのではないでしょうか。

 

しかし歯周菌の繁殖を抑制する効果があるものが多くなっています。

 

これらを活用することも

太らない体にするための一つの方法です。

 

また虫歯が原因で歯茎が炎症などをしている場合には

体を錆びさせる

「活性酵素が」

大量に発生しているので

抗酸化物質も一緒に取ったほうがいいでしょう。

 

歯周病とは成人の約8割がかかっていると言われています。

 

歯茎の血流を良くするサプリメント

  • ルンプルキナーゼ
  • EPA
  • DHA
  • 葉酸

などを一緒にとると予防になるのです。

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

今回は太らない体をつくるために

胃腸から口内環境までをご説明してきました。

 

太らないため

ダイエットを成功するためには

ただ食事療法を知ればいいということではないのです。

 

自分の食べる環境を知り

歯を大事にし咀嚼することも考えていかなければ

総合的な痩せる体を得るのはとても大変です。

 

しかしある程度のコツを掴んでしまえば

太らない体を手に入れることも夢ではありません。

 

青汁などを酵素を取り入れて言ってもとてもいいと思います。

 

これからも色んな情報を発信していきます。

 

あなたのダイエットが成功することを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

 

 




【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

~160キロから70キロへ減量成功したことで、自信が持てるようになり、 40代でも素敵な女性と結婚でき、子供2人に恵まれた元デブリーマンRIKI PAPA が教える《ダイエット成功メソッド》~