ダイエットと睡眠 その知識

今日はリキパパです。

 

今回は痩せる体を作るためにも大事な

良い睡眠の取り方をを説明します。

 

あなたはよく寝れていますか?。

 

ダイエットがうまくいかず寝つきが悪くなっていませんか?。

 

痩せる体を作るために良い睡眠は一番大事なことのひとつです。

 

今回も最後までよろしくお願いいたします。

 

寝る時間を決めると眠りが深くなる

 

 

 

 

寝つきが悪くよく寝れない人は

考え方を変えてみましょう。

 

例えば

「明日の夜は11時にたいので明日の朝は6時に起きよう」

というように変えてみるのです。

 

  • 「早寝早起き」

という習慣より

  • 「早起き早寝」

という習慣に変えていくのです。

 

これは睡眠ホルモン「メラトニン」の性質を利用して寝つきを良くする方法です。

 

メラトニンの分泌量は午前2時から4時がピークになり

朝になると減少し

日中は少ないままで

夜になると徐々に増加していきます。

 

ただメラトニンが増え始める時刻は一定しているわけではありません。

 

太陽の光がメラトニンを分泌される時間を決めているのです 。

 

メラトニンは毎朝

起きて太陽の光を浴びた瞬間

「その時刻から14時間から16時間後に増え始めるように」

自動的にセットされます。

 

例えば

太陽の光を浴びる時間が「朝6時」ならば

夜8時から10時に

「朝8時」ならば

夜10時から12時に増え始め眠気を催すのです。

 

従って

朝起きたら必ず太陽の陽を浴びること。

 

これがとても大切になります。

 

「天気悪かったらどうするの?」

雨の日でも外に出れば太陽の光を浴びたことになるのです。

 

週末睡眠法

 

 

 

 

人には皆「体内時計」があります。

 

時計といっても1日24時間の本当の時計とは異なり

体内時計は1日25時間(人によってはもっと長い)で回っています。

 

そのため

私たちは毎朝太陽の光を浴び

目の神経を通る光の情報を得ることで時間をリセットし

24時間の生活リズムに合わせているのです。

 

実は睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌をコントロールしているのが体内時計なのです。

 

ですから休日の朝も

いつも起きている時間に太陽の光に当たって

体内時計をリセットする必要があります 。

 

平日朝7時に起きているのなら

一旦その時間に起きて太陽の光に当たること。

 

眠り足りない時は昼間に20分程度の昼寝をすると良いのです。

 

その日の気分で起きる時間をコロコロと変えていたのでは

メラトニンが正常に働く

「睡眠・覚醒リズム」

が身に付きません。

 

また遅く寝た翌朝にも

いつもの起床時間を守ると

日中には眠くなったりします。

 

そこでだらだらと昼寝を長くしてしまうと

夜寝付けなくなってしまうので注意が必要です。

「睡眠覚醒リズム」の三原則

「睡眠覚醒リズム」の三原則

  1. 睡眠時間が短くなっても起床時間を変えない
  2. いつもと同じ時刻に起きて太陽の光に当たる
  3. どうしても昼寝が必要なら20分程度にする

 

毎日体内時計をきちんとリセットし

ズレを修正することが大事です。

 

いつでも何時でも「良い眠り」をしましょう。

 

「太らない体」基礎を作るには

「睡眠リズム」もう大事になります。

 

そもそも睡眠は

「レム睡眠」と

「ノンレム睡眠」がセットになり

90分周期で4、5回繰り返されて目覚めになるのです。

 

「レム睡眠」は体を休めるため浅い眠りで

体は休んでいるが脳は活動しています。

 

その大きな役目の一つは心のメンテナンスです。

 

体を休めてる間に

悲しみや怒りといった感情やストレスを和らげているのです。

 

一方「ノンレム睡眠」は脳を休める睡眠であり

その代表的な役目は体のメンテナンスです。

 

脳を休めている間に

脳の神経回路の調整や

皮膚、筋肉の修復

免疫機能の強化などを行っているのです。

 

ノンレム睡眠はレム睡眠よりも深い睡眠ですが

その中にも浅い眠りと深い眠りがあります。

 

睡眠の前半は深いノンレム睡眠が多く

後半は浅いノンレム睡眠が多くなります。

 

下に示す五つの壁を注意しながら

睡眠のバランスを良くすることが大事です。

睡眠の五つの壁

1老化

年寄りが朝が早いのは

浅いノンレム睡眠ばかりが多くなり睡眠の質が低下しているためです

2 日中の活動量の減少

ぐっすり眠るには1日30分ほど歩いたり

スポーツをしたりしてできるだけ活動的に過ごすことが大事です。

3寝室の環境

窓の外のあかりや電話の音後で目が覚めるようなことがないよう

遮光遮音も大事です。

近年はスマホの電源を切ってしまうことが

とても有効とされています。

4病気の可能性

睡眠中にトイレに起きる回数が多いなら

前立腺肥大などの可能性があるので

泌尿器科などを受診しましょう。

また足がムズムズしたり息苦しくて目覚めるようならば

睡眠の専門医に相談しましょう。

5寝る前の飲酒

寝酒と言って寝る前にお酒を飲む習慣がありますか?。

夜は寝る3時間ぐらいまでしましょう。

寝酒をすると寝つきが良くなりますが

1時間後に目が覚めてしまうことが多いのです。

 

まとめ

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

今回は痩せる体作りのためにも大事な

良い睡眠をとる方法についてお話できました。

 

「ダイエットと睡眠と何の関係があるのか?」

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし多くのドカ食いは夜におこります。

 

規則正しい睡眠とホルモンの関係を理解すること大事なのです。

 

正しい生活リズムを保つことで

正しい食生活をすることができるようになります。

 

そしてこのブログにあるような

ダイエット方法を掛け合わせることによって

ダイエットは掛け算で成功していくはずです。

 

そして無理なダイエットはリバウンドを引き起こします。

 

ストレスを溜めすぎないようたっぷりと睡眠をとり

体を休め

そして翌日は活動的に動く。

 

健全な精神によってダイエットを成功させていきましょう。

 

あなたのダイエットを成功することを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】




 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

~160キロから70キロへ減量成功したことで、自信が持てるようになり、 40代でも素敵な女性と結婚でき、子供2人に恵まれた元デブリーマンRIKI PAPA が教える《ダイエット成功メソッド》~