体重100キロ以上からの運動は散歩から開始!

 

今日はリキパパです。

 

今日は

体重100キロ以上の方の運動についてお伝えします。

 

私の発信しているこのブログでは

体重100キロ以上の方の悩みを

解消する発信をしています。

 

体重100キロ以上あると

運動もままならないのが事実かと思います。

 

悩んでいるあなたも

 

「運動って何から始めたらいいのかな」

 

とか思ったりしませんか?。

 

そして

思い立って急激な運動をし

体を痛めてしまうこともあります。

 

そこで今回は

運動の手始めとして

散歩のお勧め

というお話をしたいと思います。

 

体重100キロ以上は散歩から

 

 

 

 

 

 

体重が100キロ以上あると

ダイエットするにもいろんな方法があります。

 

その中で

すぐに結果を出したくなって

急激な運動始める人も違います。

 

例えば

  • 急にジョギングを始める
  • 急にウエイトトレーニングを始める
  • 急激な有酸素運動してしまう

 

思い当たるところがありませんか?。

 

痩せようと思った瞬間に

外に出て走り始めてしまったりするのです。

 

これは大変危険なので

やめたほうがいいです。

 

急激な運動はなぜダメ

私も経験したことがあります。

 

「今日からダイエットをしよう」

 

「痩せなければだめだ」

 

と決意したので

急にやる気が出て

スニーカーはいて

近所の公園を走り始めてしまったのです。

 

結果どうなったかと言うと

足を痛めて挫折しました。

 

体重が100キロ以上あると

関節にかかる負担も大変大きいです。

 

しかし気持ちが焦っているので

アドレナリンも出てしまい

一度動き出すと

痛くなるまで止められなくなってしまいます。

 

結果翌日に

大きな筋肉痛や

ひざ関節などが痛んだりします。

 

すると運動がしにくくなるだけでは無く

気持ちまで折れてしまうのです。

挫折する人

「やっぱり運動しても何もならないんだ」

「運動もできない身体なんだ」

「運動もできないならないあとなんかできない」

 

挫折した

マイナス思考だけが残ってしまいます。

 

これではやらない方がましですよね。

 

今まで何もしてなかったのですから

1回の運動で急激な効果があるはずはありません。

 

そこをよく理解して

できることから始める

それが大事なことです。

 

体重100 kg 以上は散歩から

 

 

 

 

 

 

 

さてなぜ散歩かという話です。

 

タイトルのように

体重100キロ以上の方の運動は

まず散歩から始めるのが一番です。

 

なぜ散歩

「有酸素運動ではなくまず散歩なんだろう」

 

そう思われる方もいるでしょう。

 

言葉の違いだけに聞こえますか。

 

散歩も

有酸素運動には違いないのですけれども

内容は大きく異なります。

 

あえてここでは

「散歩」という言葉を意識してください。

 

有酸素運動を意識すると

頭に浮かぶのは

ランニングマシーンで走る姿だったりしませんか?。

 

散歩と言うと

公園をぐるぐる回ったり

緑の中を歩いたりというイメージが湧きますよね。

 

つまりはゆるい運動から始めるのが大事なのです。

 

そして

それで十分に効果があるので大丈夫です。

 

散歩から始めて

徐々にペースを上げていき

脂肪燃焼を高くする。

 

やっていることは

有酸素運動と全く一緒です。

 

ただ言葉の捉え方が違うので

ゆるく始めて

挫折をしにくくなります。

 

そんなマインドのところから

調整していくことが大事です。

 

では実際に散歩の仕方とは

 

 

 

 

 

ではここで言う

「散歩」

とはどういう風にするか

というのを伝えしていきます。

 

散歩の時間

まず散歩の時間です。

 

これは起きてすぐがいいでしょう。

 

いわゆる朝活というやつですね。

 

体をリセットするためにも。

早寝早起きを心がけたいところです

 

いつもより1時間早く起きて

近所を30分ぐらい散歩するところから始めませんか。

 

なぜ

朝一が一番いいのかというお話をしましょう。

 

通常有酸素運動では

30分以上しないと効果が出ないと言われています。

 

それを朝一に行うと効果がある言われているのです。

 

昼間や夕方の時間だと

胃に残っているエネルギーを

有酸素の燃料として使ってしまいます。

 

その後

自分の脂肪を燃焼させるまで

時間がかかってしまうのです。

 

朝一

起きた後であれば

少なくとも数時間は何も食べていない状態です。

 

空腹なわけですよね。

 

ですから

使うエネルギーというのは

少々残ったエネルギーと

自らの脂肪から取ることになります。

 

昼間や夜の運動よりも早く

自分の過剰部分のエネルギーから消費することができるのです。

 

これを利用しない手はありません。

 

散歩の方法

 

 

 

 

 

 

さて散歩の方法になります。

 

これはあえてハードな運動しないように!。

 

トレーニングウェアや

シューズなど揃えないようにしましょう。

 

スウェットぐらいお持ちですよね?。

 

それに歩きやすいシューズ。

 

それで近所を散歩しましょう。

 

公園などが近くにあると

それがベストです。

 

やはりコンクリートの上だと

関節に負担がかかります。

 

歩く時間は15分から始めても良いでしょう。

 

継続を目的として始めるのですから。

 

ただ

散歩を強弱をつけることが大事です。

 

最初はゆっくりと歩きながら

体が血が巡るのを感じましょう。

 

腕脚を伸ばしながら

ストレッチしてのんびりとペースを上げていきます。

 

と言って走ったりする必要はありませんよ。

 

トコ トコ トコ トコ

気持ちよく伸びをしながら歩いて行く。

 

これだけでも

かなりのリフレッシュと

運動したという気持ちになれます。

 

そして

ちょっと物足りないなくらいで

終わりにしましょう。

運動後は酵素を摂ると燃焼が良くなります。

私はこの酵素青汁を愛飲していてオススメです。

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】



大事なポイント

そしてここで大きなポイントがあります。

 

ゆっくりした散歩でもいいですが

その中で1分から2分

心拍数が100から150ぐらいまで上がるように

自分の限界の早歩きをしてみるのです。

 

この

心拍数を上げる運動によって

燃焼効率は大きく上がります。

 

そして

散歩の時間が長くなっていくと共に

早歩きの時間も増やしていきましょう。

 

そして

1

散歩をして

早足

2

散歩をして

早足

というように

1回の中で2セット3セットという風に

 

早歩きの回数を増やしていくと

とてもいいです。

 

そうすると無理せず継続ができ

どんどんと体力がついていきます。

 

関節も強くなり筋肉もついてきます。

 

嫌になるよりも

楽しくやることが何より大事です。

 

そうして時間を長くしていく事によって

いつのまにか

有酸素運動に慣れ親しんでいる自分になれます。

 

その頃には体にも変化が現れてくるでしょう。

 

運動が習慣になって

他のトレーニングもできるようになります。

 

意識の改革にもなりますね。

 

まとめ:100キロ以上の方の散歩のおすすめ

いかがでしたか。

 

ここまで100キロ以上の方が始める運動として

おすすめの散歩の話を紹介してきました。

 

みなさんの思っている

ゆるい散歩とは違ったのではないでしょうか。

 

イメージの仕方によるんですよね。

 

最初から運動と思うと

構えてしまって

なかなか踏み出すことが出来なかったり

失敗して挫折してしまってしまいます。

 

散歩であれば

のんびりと進めることができます。

 

雨が降れば休みでいいでしょう。

 

だるい日には休憩をしましょう。

 

まずは

自分の体と相談しながら

計画に縛られずに楽しく行いましょう。

 

柔軟にやることが 第一です。

 

そして

心拍数を上げる事によって燃焼を感じる。

 

これもモチベーションの一つになります。

 

是非とも

体重100キロ以上で悩んでいる方は

散歩から始めてください。

 

そこから

他のダイエットにも派生して行きます。

 

ひとつのスタートとして

選んでいただければと思います。

 

今回も

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 

今回の記事が

あなたのダイエットに役立つことを祈っています。

 

これからも

自分の体験から感じたことを

どんどん発信していきます。

 

よろしくお願いいたします。

 

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です