巣ごもり太り解消の自宅トレの知識。セット数と速筋について。

 

今日はリキパパです。

 

今回は巣ごもり太り防止のために

自宅トレーニングをしている方へ。

 

大事なポイントをお伝えしていきたいと思います。

 

生活環境が変化している昨今。

 

自宅でトレーニングしている方も多いと思います。

 

何が正解で

何が不正解か

よく分かりませんよね?。

 

その中でも効率良い方法が求められます。

 

最後までよろしくお願いいたします。

 

いかに効率よく無駄なく楽にできるか

 

 

 

 

 

自宅トレーニングや

ジムなどへ通っても

なかなか効率が求められません。

 

ではどうやったら

一番の近道を見つけ出せるのでしょうか?。

 

それはトレーニングを3セットやるとしたら

最後の1セットで追い込んで

最高に気分を高めてアドレナリンを放出させることです。

 

ここでボディビルダーを例に出しています。

 

ビルダー達は

その日追い込む部位を決めて集中的にワークアウトします。

 

それを短時間で

アドレナリンを最大限に放出するやり方を行なっているのです。

 

アドレナリンはホルモンの一種です。

 

脳が肉体的には危機を感じるとされると

心拍数あげていつもよりも大きな力を出すようになります。

 

火事場の馬鹿力とも言われています。

 

リミッターを解除してしまうのですね。

 

その瞬間こそが効率良いトレーニングの入り口です。

 

最終的に限界を超える力を発揮すると

脳は「それ以上に筋肉を強化するべき」

と認識します。

 

この流れが筋肉をより強く大きく成長させるのです。

 

実はアドレナリンが分泌されると

筋肉への血液量が増えるので

快感になることもあります。

 

どこか一か所の筋肉を追い込むことでも同じことが起こります。

 

すると筋トレが楽しくなり

その上短時間で終わるので

「筋トレは辛い」

から

「筋トレはずっと続けていきたい」

と感じるようになり

継続へのモチベーションとなっていくのです。

 

筋トレにはセット数というのが出てきますね。

 

このセット数というのはとても大事なんです。

 

セット数が必要な意味は

1セット目と2セット目は慣らしようなものなの。

 

その2セットで十分興奮して

最後の3セット目に重い負荷を

出来る限りの速さであげることで

一気にアドレナリンを放出させるのです。

 

この方法で筋トレを行えば

1日に1種目が5分から15分で終了します。

 

それを一週間に1回から2回行えば

1ヶ月から2ヶ月で筋肉が大きくなり

同時に脂肪も減っていきます。

 

そしてどんどん痩せる体になっていくというわけです。

 

今まで聞いた効率の話とだいぶ違いますか?。

 

これはボディビルでは常識な話なので

是非とも知識として覚えておいていただきたいと思います。

 

辛かったトレーニングが

無駄なく楽に行える秘訣です。

 

筋トレは重さと速さをしろう

 

 

 

 

 

筋トレを始める場合も

軽いウエイトでやる方と

重いウエイトでやる方とで違いますね。

 

軽いウェイトで速い動きをする方

重いウエイトでじっくりとゆっくり上げ下げする方では違います。

 

どちらも筋肥大を狙ったやり方ですが

どちらが最大の効果が出るのでしょうか?。

 

筋肥大を効率よくさせるには

「即速筋繊維」

と呼ばれる

短距離走などに使われる筋繊維を刺激することが大事です。

 

この速筋繊維は

重たさにも反応はしますが

速さにも敏感なのです。

 

ですから

「重さ×速さ」

を掛け合わせることによって

効果が最大限に現れます。

 

筋トレの3セットの考え方

筋トレを行うときのセット数。

 

漠然とやっていても効果が薄れます。

 

セット数の意識の仕方をお伝えします。

セット数
  • 【1セット目】

筋肉の動きを把握するために

軽めのウエイトで一回一回ゆっくりと

狙う筋肉を意識して動いていることを確認し

動作をします。

筋肉を意識できたら

爆発的に早く筋肉を収縮させるのです。

  • 【2セット目】

ウェイトの重さを

最大の60%ぐらいにセットしましょう。

そしてできるだけ早いスピードで

筋肉を収縮させることを意識します。

宅トレなどで重さが変えられない場合は

2セット目に最大のスピードの60%ぐらいを出しましょう。

  • 【3セット目】

最後の3セット目は

この重さに思い切り逆らうように

限界まで追い込むのです。

この3セット目は

重さに相殺され実際のスピードは

1セット目より遅くなります。

しかし全力で早く筋肉を就職させようとするので

速筋線維に最大限の刺激が入るようになります。

 

これが3セットの内容です。

 

この3セット方式を行うと

筋肉の中では動かすことによる機械的なストレスと

エネルギー変換による化学的ストレスが起こり

脳からの筋肥大スイッチが入るのです。

 

簡単に言うと

「火事場の馬鹿力を意識的に出せるようになる」

訓練ということですね。

 

このように正しく筋肉に刺激を与えれば

筋肉は成長し大きくなるのです。

 

この作用は90歳を過ぎた老人でも再現できます。

 

これは人間の環境に適応しようとする生理的反応なのです。

 

実際に80歳を過ぎても

現役でボディビルダーだというニュースを見たりします。

 

体だけ見ると年齢がわからないほどです。

 

誰にでもその素質はあるので

速さと重さを自分のものにして理解して

しっかり追い込んでいけば

宅トレであっても体はどんどん変わっていきます。

 

まとめ

 

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

今回は筋トレにおけるセット数の話と

効率の良い速筋の鍛え方についてお伝えしてきました。

 

ネットでも本でも調べると

セット数が出てきます。

 

それがなぜなのか?

理解しないと効率も上がりません。

 

逆に理解すれば

脳からの刺激があり

トレーニングの効率も上がり楽しくなっていきます。

 

そんな意識を持っていくだけで

筋トレは全く違うものになっていきます。

 

ただ言われた通りの回数をこなすのではなく

その内容を理解し意識して行いましょう。

 

必ずあなたの体は変わってくるはずです。

 

あなたのダイエットが成功することを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

 

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

 100キロ超にオススメ! ダイエットにはスクワット!

 



 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です