デブ注意 生活習慣と筋トレの大事な関係

 

こんにちは リキパパです。

 

今回はダイエットのための筋トレの話です。

 

このブログでも

何度か筋トレを紹介してきました。

 

ダイエットのためになぜ筋トレが必要なのか?。

 

どうすれば筋肉量が増えて代謝が上がり

筋トレダイエットがうまくいくのか?。

 

今回はそのことについてお話ししていきます。

 

最後までよろしくお願いします。

 

「使う→補給→休息」で筋肉が増える

 

 

 

 

では最低限知っておきたい

筋肉についての基礎知識

をお伝えしていきたいと思います。

 

筋トレによって鍛えるこことが出来る筋肉は

「骨格筋」

と呼ばれます。

 

この筋肉は

「筋繊維」

と呼ばれるものがいくつも束になってできています。

 

筋トレをして

「筋収縮」が起きる運動をすることで

筋繊維が切れ

それを修復する過程で筋繊維が大きく太くなっていき

筋肉量が増えるのです。

 

ポイントは

「修復する過程で筋肉が増える」

というとこです。

 

つまり

毎日腕立て伏せをし続けるなどして

同じ筋肉を休まずに鍛えてしまうと

筋繊維を修復する時間が少なすぎるため

十分に修復が出来ず筋量が増えにくくなるのです。

 

そこで

「使う補給休ませる」

これを繰り返すことが

効率よく筋肉を増やす基本なのです。

 

修復にかかる時間まちまちですが

筋トレを始めたばかりとなれば

48時間から72時間かかると思ってください。

 

運動が習慣化すると24時間程度に落ち着きます。

 

また

年齢や筋トレを

どれだけの期間継続的に続けているかも関係します。

 

年齢が若い人や

筋トレを継続的に続けている人ほど

修復力が早くなる傾向があります。

 

筋肉痛がなくても筋肉はつく

 

 

 

 

 

筋トレを初めてやる方のほとんどは

最初にひどい筋肉痛を体験します。

 

トレーニング慣れてからも

毎回同じような筋肉痛が続くようであれば少々問題ですが

運動不足の体に刺激を与えると

筋肉痛が起きるのは当たり前のことです。

 

筋肉痛が起こる原因は完全には解明されていません。

 

筋トレによって筋繊維とその周りの結合組織が傷つき

それを回復させる過程で炎症を起こしたのではないかと言われています。

 

この時に発生した物質が

痛みを感じさせるという説が有効なようです。

 

筋肉痛がおきている場所は

今、一生懸命回復しようとしています。

 

痛みがある間は

無理にその部位の筋肉を

鍛えるのはやめようにしたほうがいいでしょう。

あなた

「筋肉痛が来なければトレーニングをして気にならない」

という方もいます。

 

自分はトレーニングが不十分なんじゃないだろうか?

と心配になるかと思います。

 

筋肉痛がなくても筋肉量を増やすことは可能です。

 

「筋肉痛がなければいけない」

というわけではない

ということを覚えておいてください。

 

逆に筋肉痛が来るまで

無理にトレーニング量を増やすと危険な場合もあります。

 

必ずしも

「筋肉痛=筋成長」ではない

ということを覚えておきましょう。

 

「少し太っても体重が変わらない」筋肉より脂肪が増えている

 

 

 

 

 

運動しないままでいると

一般的には

年齢を追うごとに筋肉は減っていきます。

 

特にサラリーマンで

デスクワークなどで体を使わない人は

筋肉を維持するだけの運動をしないため

必然的に筋量が減っていくでしょう。

 

同じ体積でも筋肉の重さは脂肪より重いのです

 

つまり

何歳になっても体重が変わらないというのは

一見良さそうなのですが

ただ単に

「筋肉が減って脂肪が増えただけ」

という可能性が高いのです。

安心する人

「体がぽっちゃりしてきたけど体重変わらないな」

と安心していると

実は体脂肪が増えているのです。

 

このケースは大変よくあるパターンです。

 

運動する習慣がないまま年齢を重ねていくと

40代には年間200グラムずつ

50代を過ぎると年間450ずつも筋肉が減ると言われています。

 

怖いと思いませんか?。

 

例えば

運動する習慣を作らないまま45歳になると

単純に3キロ筋肉が減ったことになるのです。

 

筋肉が減ると基礎代謝が下がります。

 

若い頃と同じ量を食べても

太りやすくなってしまうのです。

 

つまり中年太りというのも

この状態のことを言うのです。

 

筋肉はカロリーを消費するのに大きな役割を果たしています。

 

筋トレと腰痛リスクの関係

 

 

 

 

 

太っていて

「腰が痛い」

と言ってる人よく見ませんか。

 

筋肉をつけると太りにくい体になるだけではなくて

怪我の予防効果にはなります。

 

85%近くの病気は

正しい食生活と運動を習慣化することで

予防できる可能性があると言われています。

 

現代の生活習慣病のことですね。

 

その中では最も分かりやすいのが

「腰痛」

です。

 

運動不足の人が

毎日長い時間座って作業すると

体を支えられる筋肉が減っているためにおこります。

 

腰の痛みは

最初は自分の生活に影響を及ぼすの事と

ほとんどの人が思わないです。

 

しかし軽くみてはいけません。

 

成人して

仕事に就いたのに

「腰痛の原因で人生が狂ってしまった」

という話をよく聞きます。

 

腰痛が悪化し

最終的には椅子に座っている事すら出来なくなったりします。

 

腰痛を甘く見てはいけませんね。

 

まとめ:筋トレと幸せの関係

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

ここまで筋トレの基礎知識と

筋力が落ちることで起きる注意点をお伝えしてきました。

 

二十代、三十代は

まだまだ元気で多少無理しても体が持ちます。

 

しかし

そうした無理な生活習慣は

確実に数年後あなたに返ってきます。

 

気づいた時にはもう遅いということになりかねません。

 

本当の幸せは

体を壊してまで仕事をすることでしょうか?。

 

ちょっと立ち止まって考えてみてください。

 

そもそも健康な体があるからこそ仕事できるわけです。

 

そして幸せな生活もできるのです。

 

体が言うこと聞かなくなってしまっては何もできません。

 

「忙しくて筋トレできる時間がない」

という方もいるでしょう。

 

つくし筋トレの習慣がつくと

その筋トレ時間を確保するために

仕事の効率的に集中できるようになるのです。

 

結果的に仕事も筋トレも効率が上がるのではないでしょうか。

 

体も健康になり

見た目がかっこよくなり

やる気が湧いて

仕事の効率良いできるようになる。

 

とても良い循環だと思いませんか?。

 

筋トレから生活習慣を好循環に導いていきましょう。

 

あなたの体は健康になることを祈っています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わたしの顔をポチ!っと!応援お願いします!!




にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

【ダイエットに成功したい人必見!】ダイエットできない問題点4つとその解決策【ドクターベジフル青汁】

筋トレでダイエット ガッツリ鍛える! 筋トレ の基本メニュー 入門編

必見!運動不足に悩むあなたに!自宅でできる!簡単トレーニング おすすめメニュー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です